山林調査業務

森林境界と資源量のデジタル化

 山林の所有価値低下にともない、山とは疎遠になっている所有者が多いのが現状です。 そのために森林の境界保全と現状把握が喫緊の課題となっています。
 これに対応するため、当組合では境界明確化を進めるとともに、森林現況の調査を行い森林GIS(地理情報システム)の中でデジタルデータとして管理すること取組みを行っています。
 これにより境界杭が不明となっても座標値を確認して復元することが可能となります。また、資源量データを管理することにより、需要に応じた生産を行えるようになります。

デジタル距離計 画像
空中写真

 

ページトップへ